ABA(応用行動分析学)とは

ABA(応用行動分析学)とは

行動科学の一分野であり、エビデンス(科学的根拠)に基づき、良い行動を教えたり増やしたり、不適応な行動を減らしたりする学問です。

ABAに基づくプログラムでは、一般的に以下のことが行われます:

* 子供の現在のスキルやバリアをアセスメントする

* 短期的と長期的なターゲットを設定する。例えば、目の前にある欲しいものを伝えられる

* ターゲットやスキルを教えるプログラムを設計し、実施する。

* プログラムのデータを記録し、課題を順調にマスターしているかを確認する

* プログラムそのものを査定し、必要に応じて変更や調整を行う。

ABAのプログラムでは、新しいスキルを効果的に習得するために、小さなステップに分解して教えていきます。これにより、より複雑なスキルを段階的に構築していくことが可能です。学習活動や学習目標は、個々のニーズに合わせて選択、設計、進行されるため、ABAプログラムは個別にカスタマイズされたものとなります。

ABA教室HRE(Happy Relaxed Engaging)名前の由来

Dr.Gregory Hanley によると、最新のABAは思いやりのあるケア(Compassionate care)に焦点を当てているそうです。それは “Learn by listening, learn by creating joy, and learn while teaching(子供の心の声を聞いて学ぶ、楽しい雰囲気の中から学ぶ、教えながら子どもに合わせて教え方を改善する)”ことです。このアプローチに基づいて、HRE(Happy Relaxed Engaging)メソッドが生まれました。

Happy」は、子供たちがセッションを楽しんでいるか、課題を学習する準備ができているかどうかを意味します。子供たちは現在の能力に合った課題が与えられなければ、楽しく学ぶことができません。

「Relaxed」は、子供たちが落ち着いて勉強できているか、いつも通りに過ごしているのか 、イライラしていないかを指します。

Engaging」は、子供たちがセッション中に充実感を感じているか、周りの人々と有意義な関わりを持っているか、おもちゃや教材を正しく使用しているか、やっている課題に没頭しているかどうかを指します。子供たちが自己刺激を行っている場合、それは「Engaging」とは言えません。

個別指導の流れ(DTT&NET自然環境教育)

・VB-MAPPを使用して、子供の現在の能力(今何ができる、何ができない )とバリアをアセスメントします。その結果に基づいて、個別教育プラン(IEP)を作成します。

・初級者の場合、DTT(Discrete Trial Teaching)を使用して、模倣、命名、音声模倣、受容言語(言語理解)、マッチング等のスキルを教えます。また、NET(Natural Environment Teaching)を使用して、マンド(要求語)や遊びのスキルを教えます。子供の進歩に応じて、徐々にDTTの割合を減らし、NETでのイントラ(会話)を増やしていきます。

・新しい課題を教える際には、エラーレス(エラーのない)方法を使用します。これは、最大限のプロンプト(手助け)を使って子供に正解させる方法です。プロンプトを徐々に減らしたり、遅延させたりすることによって、子供がプロンプトなしで自分で正解する能力を身につけます。

・強化子査定(ご褒美になりそうな物を評価する)も定期的に行います。強化子は行動の動機づけに重要な役割を果たします。定期的に強化子を評価し、新しい強化子を開発することで、強化子の飽和化(好きだったものに対する興味の低下)を防ぎます。

教師プロフィール

王 天天

2015年5月にアイオワ大学のBCaBAコースを修了。BCaBA資格を取得していません

2022年8月からアリゾナ州立大学の特別教育—ABA修士課程を専攻


2013年に自閉症の娘の療育を必死に探した結果、ABAに辿り着きました。日本ではABAを取り入れている療育機関が限られており、特に本格的なABAを学び倫理道徳を重視している機関は非常に少ないです。そのため、親として、金儲けや集客のために療育効果を誇張したり、間違ったABAを使用する施設に違和感を覚えました。そこで、自ら本格的なABAを学び、自閉症児とその親をサポートすることを志すようになりました。

得意分野

・お子様の得意な分野や苦手な分野を正確に評価し、楽しい雰囲気の中で得意な分野を伸ばし、苦手な分野を克服するお手伝いを致します。

・トイレトレーニングに関しては、通常3歳以上のお子様を対象に開始します。オムツを卒業することは重要なスキルであり、お子様と保護者の皆様にとっても満足感のある経験です。お子様がトイレトレーニングを終えるまで、お子様と保護者の方々と共にお付き合いし、粘り強くサポートいたします。

・柔軟かつ臨機応変に対応いたします。強化子への提供頻度や課題内容は、お子様の能力や個性に合わせてカスタマイズされます。たとえば、水を一口しか飲まないお子様には、徐々に水を飲む量を増やすアプローチを採用します。

・ABAテクニックを活用して、どのようなお子様にもピアノを教える試みを行えます。

・セラピーは中国語と英語にも対応可能です。

私は自閉症児の療育や成人の施設でのボランティアを通じて、二つの重要なことを学びました。

私は自閉症児の療育や成人の施設でのボランティアを通じて、二つの重要なことを学びました。

まず一つ目は、般化(Generalization)の重要性です。般化とは、療育機関や教室で学んだスキルや言葉が本人の日常生活で活用され、役立つことを指します。例えば、教室でりんごの命名を教えた場合、家で実際にりんごを食べたいときにりんごを要求することも教えます。模倣も同様で、机上だけでなく実際の生活の場面で、料理を作るときやピアノを習うときなど、他人の動作を模倣して新しいスキルを獲得することを目指します。また、積み木が箱の上または下にあることを教えた場合、テーブルの下のおもちゃを取ってくるなど、日常生活での応用も教えていきます。

二つ目は、一人で時間を潰すスキルや自己刺激以外のレジャースキルを教えることは非常に重要です。自己刺激は、手を反復的にひらひらさせたり、意味のない音を出したり、回っているものをずっと見たりするなど、機能的ではない行動のことを指します。一人で正しく楽しく遊ぶスキルを獲得することは、問題行動の減少につながるだけでなく、親御さんが一時的に目を離すことも可能になります。そのため、自己刺激以外のレジャースキルを教えることが重要です。

私は今まで学んできた専門知識を活かして、自閉症児やその家族のニーズに寄り添いながら、彼らの成長をサポートしていきたいと思います。

アクセス

東京都江東区西大島駅から徒歩7分

お問い合わせ

お電話での問い合わせ

メールでの問い合わせ

お名前 電話番号 メールアドレス ご質問、御希望等ございましたら、お気軽にご記入ください

お名前 必須
お名前(かな) 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
ご質問、ご希望等、お気軽にご記入下さい
上記の内容で送信します。よろしければチェックを入れてください。

お名前 必須
お名前(かな) 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
ご質問、ご希望等、お気軽にご記入下さい
上記の内容で送信します。よろしければチェックを入れてください。